メニュー

2017.03.29昭和信用金庫:
第5回「Tokyo三ツ星バザール」が開催されました

昭和信用金庫が主催する、「Tokyo三ツ星バザール」が2016年11月4日(金)〜5日(土)に、東京・新宿駅西口広場イベントコーナーにおいて開催されました。
2012年から始まり第5回となる「Tokyo三ツ星バザール」は、昭和信用金庫が地域貢献と地元出展企業の広報宣伝、販路拡大を目的に開催。今回は69のブースで66の事業者が出展して、2日間で約22,000人を集客。ブースは従来の和菓子やケーキ、ドリンクなどの食品関連企業のほか、新たにビジネスマッチングエリアを設け、スピーカーや包丁などの工業製品も出展されました。
今回の「Tokyo三ツ星バザール」では、一般のお客様にアピールしたり、買ったりしてもらうのはもちろんですが、そのほかにも昭和信用金庫が百貨店やスーパーのバイヤーを招待。商談ブースを設けて新規の販路開拓も応援するなど、新しい試みも行われています。
また、海外旅行者誘致のために英語と中国語のパンフレットを作成し、昭和信用金庫の各支店、出展企業、新宿の大手ホテルや観光案内所で配布。忍者に扮した昭和信用金庫の職員が、記念撮影に応じたり、家族向けに縁日コーナーを設置して、射的や風船釣りを行うなど、楽しいバザールとなりました。
次回開催は、2017年11月を予定しています。


20170329_13.jpg