江戸切子板1
江戸切子板2
大正浪漫硝子花蕾
Karai(花蕾)
江戸切子板1
江戸切子板2
大正浪漫硝子花蕾
Karai(花蕾)
江戸切子板1
江戸切子板2
大正浪漫硝子花蕾
Karai(花蕾)

株式会社 廣田硝子

代表取締役 廣田 達朗

伝統工芸と現代インテリアが融合したプロダクトを

廣田硝子は、1899年に東京で創業。東京で最も歴史のある硝子メーカーの一つです。 近代にヨーロッパから伝わったガラス製造は、日本の美意識と融合し、日本独自のデザインを開花させました。創業より社に伝わる貴重なデザイン資料を元に、江戸切子や吹き硝子など脈々と受け継がれる手仕事による伝統的製造を継承し、 現代のインテリアに調和するプロダクトを作り続けています。

作り手のこだわり

  • photo1
  • photo2

量産にはない、温もりを持った硝子器作り

懐かしさと温もり溢れる硝子器の魅力の追求…量産にはない、温もりを持った硝子器作りをモットーとしています。ハンドメイドでのガラス食器は、その美しさはもちろん、使うたびに愛着が増していきます。手作りにこだわり、どこか懐かしく、それでいて新鮮なガラス製品の数々が魅力です。江戸切子板は、今まで培った食器による江戸切子の技術を活かし、アナログではありますが、人の手が介在しなければできない板ガラスを作る方法で製作しました。現在の機械で生産するガラス板には無い、人が作ることからできるガラス板の持つ味わいや温もりに、江戸切子加工を施すことで光を通して見える江戸の紋様が、日本独自の和風なステンドグラスを想起いたします。

お問い合わせ

設立日
1899年
資本金
1500万円
会社事業概要
和洋ガラス食器・インテリアガラス・ガラス小物・業務用食器・江戸切子・その他・特注OEM制作

株式会社 廣田硝子 / 代表取締役 廣田 達朗
〒130-0013 東京都墨田区錦糸2-6-5
TEL : 03-3623-4145 FAX番号 : 03-3623-8892  Mail : hirota-g@hirota-glass.co.jp

  • facebook
  • twitter
  • post