メニュー

東京和紙株式会社

写真:東京和紙株式会社
お問い合わせ

Message

東京産の原料、水、東京在住の職人
によって手漉きされた
オリジナル"東京和紙"で商品づくりをしています。

東京和紙の商品は、東京産の原料(楮<こうぞ>)を用い、東京の水を使い、東京在住の職人によって手漉きで作られた和紙を使用しています。
弊社オリジナル和紙の一つが、東京和紙が開発した「平成ASAKUSA和紙」です。
江戸時代から昭和初期まで和紙は東京の各地で作られており、
浅草で作られた和紙を特に「浅草紙(あさくさがみ)」と呼ぶほど有名でした。
その「浅草紙」は昭和の終わりの頃には消えていましたが、弊社代表が古典書などをリサーチし、現在、「平成ASAKUSA和紙」として復活させました。
「平成ASAKUSA和紙」は都内の神社やお寺からご協力いただき、
廃棄される運命にあるおみくじを裁断して和紙にし、
バッグや葉書として商品化しています。

これからも、東京に縁あるものを活かしながら多彩な和紙商品を作り出し、
東京の新ブランド商品になるようさまざまな取り組みをしていきたいと考えています。

  • 設立日
    2018年9月14日
  • 資本金
    1,000,000円
  • 従業員数
    1名
  • 取扱い産品
    ・東京産原料の手すき和紙(半紙、A4、B5、葉書サイズ)
    ・平成ASAKUSA和紙トートバッグ及び籠バッグ
    ・和紙がま口パスケースなどを販売
  • 主たる業種
    手すき和紙製造業
  • 会社事業概要
    2016年9月に一般社団法人として設立。2年後の2018年9月に株式会社として組織変更。
    <業務内容>
    ・和紙の東京での生産普及、広告宣伝及びこれらに関連する事業
    ・東京で生産される和紙の製造、製造企画、及び販売
    ・東京で生産される和紙に関するイベントの企画、企画実行、請負及びこれらに関するコンサルティング事業
    ・和紙を用いた商品の製造、製造企画、広告、企画立案及びこれらに関するコンサルティング事業