メニュー

2017.03.29株式会社HORIGO:
東京産ブドウで作った東京ワイン

東京ワイナリー(株式会社HORIGO)は、東京初のワイン醸造所。以外と知られていませんが、昔から練馬区、西東京市、東村山市、稲城市など、東京各地でブドウが作られています。その東京産ブドウたけで作った、こだわりワインが「東京ワイン」。練馬区のワイナリーで醸造しています。食用のブドウ種から作られたワインは、強い果実味や酸味よりも、フレッシュでフルーティな味わいでチャーミング、とても飲みやいのが特徴。水を使わないで100%果実から作られるワインは、その年の天候や出来で味が毎年変化します。長期熟成したワインも美味しいですが、食用種のブドウで作った「東京ワイン」は新酒がおすすめです。
オーナーの目指すところは、東京産の農作物を東京で加工し、東京で消費する、地産地消ならぬ都産都消。仕入れるブドウは、見栄えが悪いだけで店頭には並ばないけど、味は何ら劣らないもの。生産者も無駄のない出荷ができ、美味しいワインも作れる一石二鳥。年間10,000本程度の小規模なワイナリーですが、ワイン作りにかける愛情はとても大きく、新たに契約農家でワイン用のブドウ作りも街のサポータたちと始めています。ぜひ「東京ワイン」で"東京は豊か"であることを実感してください。


20170329_07.jpg